医療法人真生会 真生会富山病院 アイセンター(眼科)
文字サイズ 小中大
医療法人真生会 真生会富山病院 アイセンター
アイセンター紹介 診療案内 医師紹介 手術件数・実績 医療機器紹介	求人案内
糖尿病網膜症について
緑内障について
加齢黄斑変性症について
高度先進医療
iLASIK・ICL治療について iLASIK ICL
糖尿病眼検診
症状Q&A


真生会富山病院TOP
高度先進医療

先進医療とは、一般の保健医療の水準よりも高度な先進技術を駆使した医療です。
多焦点眼内レンズは2008年に、前眼部三次元画像解析(前眼部OCT)は2011年に先進医療として承認を受け、当院眼科はこの2つの先進医療を行う施設として承認されています。


多焦点眼内レンズ
読書用眼鏡フリーの選択

白内障手術時に眼内に入れるレンズは単焦点眼内レンズが一般的です。単焦点眼内レンズは、若いころのようにすべての距離にピントが合うのではなく、ある1点にピントが合うレンズです。そのため、遠方狙いでピントを合わせた場合、近くの距離は眼鏡が必要になります。その欠点を補うように登場したのが多焦点眼内レンズです。すべての距離がクリアにみえるわけではありませんが、遠くと近くにピントが合うことで、日常生活が楽になります。

すべての方で多焦点眼内レンズが適応になるわけでなく、眼球の形状、視機能に影響を及ぼす眼疾患、職業等によっては、単焦点眼内レンズ挿入術の方が良い場合もあります。

片眼:378,000円
両眼:756,000円
術後の追加矯正の費用
片眼:27,000円
両眼:54,000円
先進医療として認められた多焦点眼内レンズ挿入術は自己負担ですが、手術前や手術後の費用は保険適応となり、費用の負担が軽減します。


前眼部三次元画像解析(前眼部OCT)

負担をかけずに眼球前方の画像を取得

検査イメージ

前眼部三次元画像解析(前眼部OCT)は、眼の中の状態を直接機械が触れることなく、角膜、虹彩、隅角、水晶体といった眼の前の部分(前眼部)の状態を詳しく検査することが可能です。

高精度な角膜形状解析を可能に

検査イメージ


医療法人 真生会富山病院 〒939-0243 富山県射水市下若89-10
TEL:代表 0766-52-2156
2002- 医療法人真生会 真生会富山病院