当院について

出版物

心療内科

明橋 大二(あけはし だいじ)

戻る

著書

32件ヒットしました。

【画像】なぜ生きる なぜ生きる
人生の目的は、あるのか、ないのか。
──誰もが知りたい疑問に明快に答える50万部突破のロングセラー。
第一部は、直面する問題点を中心に、文学者や思想家の人生論を掘り下げてみます。 第二部は、親鸞聖人の言葉をあげて、古今東西、変わらぬ人生の目的を明らかにします。(共著)
平成13年4月刊行(1万年堂出版)
【画像】なぜ生きる 英語版 なぜ生きる 英語版
日本で、50万部突破のロングセラーとなっている『なぜ生きる』の英語版。
第1部では、「こんな毎日のくり返しに、どんな意味があるのか」をテーマに、世相、文学、哲学などを例にして掘り下げる。
第2部では、「人生に苦しみの波は絶えないが、生きる目的を知った人の苦労は、必ず報われる苦労である」ことを、仏教者・親鸞の言葉で明らかにする。
平成18年11月刊行(1万年堂出版)
【画像】0~3歳の これで安心 子育てハッピーアドバイス 0~3歳の これで安心 子育てハッピーアドバイス
シリーズ480万部の最新刊。
読者の声から生まれた、待望の年齢別「子育てハッピーアドバイス」です。
第1弾は、0~3歳まで。心療内科医で子育てカウンセラーの明橋大二先生が、この時期でいちばん大切なことを分かりやすくアドバイスした、“心の子育て決定版”です。

今回も、太田知子さんのイラスト、マンガがふんだんに掲載されています。
「よく分かる」と定評のある○×マンガでなるほど納得、あるあるマンガで苦笑い。忙しい育児の合間に、パッと目を通してインプットすることができます。年齢に合わせたしつけや、パパの子育て、親の自己肯定感アップのためのレッスン法のほか、赤ちゃんが泣きやまない、イヤイヤ期などの育児の悩みQ&Aにも答えます。
初めての子育ての不安が、ホッと安心に変わる1冊です。

平成29年7月刊行(1万年堂出版)
【画像】子育てハッピーソングス~えいごのうた 子育てハッピーソングス~えいごのうた
1万年堂出版と日本コロムビアのタイアップCD第5弾、「子育てハッピーソングス~えいごのうた」が、4月26日にリリースされます。

選曲・監修は「子育てハッピーアドバイス」シリーズ著者の明橋大二医師です。

Disc1「えいごをたのしもう」には、初めて英語に触れる子どもたちにピッタリの童謡や楽しい曲が、Disc2「えいごをうたおう」には、親子で口ずさめる歌とクラシック、ジャズの名曲が集められています。

「本物」の音楽に触れ、音楽の楽しみを、子どもと一緒に親御さんに堪能していただきたいと思います。

平成29年4月刊行(1万年堂出版)
【画像】心の声に耳を傾ける 親と子の心のパイプは、うまく流れていますか? 心の声に耳を傾ける 親と子の心のパイプは、うまく流れていますか?
約30年にわたり、子どもの心を見つめてきた著者は、子どもにいろんな症状が起きるのは、親や周りの人との「パイプ詰まり」が原因だと述べています。

なぜ、心のパイプが詰まってしまうのか?
その理由として、ネグレクトや体罰、甘え下手な子、大人が愛情の表現を上手にできない、アスペルガー症候群などを挙げていますが、中でも体罰は、子どもの心の成長をゆがめてしまうと、問題点を大きく取り上げています。

では、詰まったパイプを開通させて、再びうまく流れるようにする方法は?
精神科医の観点から、5つの段階で、詳しく解説しています。
年代別(乳幼児期、学童期、思春期)のパイプ詰まりの見分け方や対処のしかた、親や教師からの具体的な質問に答えたQ&A全26問は、輝ける子に育つための、子育て・教育マニュアルといえるでしょう。
平成28年3月刊行(1万年堂出版)
【画像】子育てハッピーオルゴール 子育てハッピーオルゴール
明橋大ニ先生が選曲・監修した『子育てハッピーアドバイス』のタイアップCD第4弾。

一流の演奏家によるクラシックの名曲や童謡、定番ソングを集めたCDに引き続き、今回は、心が落ち着くオルゴールの音色を、たっぷりと楽しめるCDになっています。

Disc1「キラキラ・オルゴール」には、ディズニー音楽を中心に15曲、
Disc2「ジブリ・オルゴール」には、あのジブリ映画の主題歌が収録され、子どもと一緒に楽しく聴くことができる曲がいっぱいの豪華版です。

オルゴールにオーボエやヴァイオリン、フルートなども加わった、バリエーション豊かなサウンドにもぜひ注目してください。
平成28年1月刊行(1万年堂出版)
【画像】『りんごちゃんと、おひさまの森のなかまたち3』 『りんごちゃんと、おひさまの森のなかまたち3』
あいさつ、笑顔、親切、社会のルールが、マンガで楽しく学べる絵本の第3巻。

子ども同士の遊びやけんか、親子の会話など、子どもたちにとって身近な出来事から、よい習慣が自然と身につく1話完結のストーリーを収録しました。
読者からの要望に応え、はみがきや食育などの生活習慣についても取り上げています。
3巻のしめくくりは、りんごちゃんが、初めて森の動物たちと出会った日の物語です。
緑の色彩が美しく、森の世界へ入り込んだような気分を味わえます。
1巻、2巻も好評発売中です。
平成27年11月刊行(1万年堂出版)
【画像】『みんな輝ける子に』 『みんな輝ける子に』
「誤った子育ての常識が、子どもや親を二重三重に苦しめている」と、長年、子どもと接してきた経験から、精神科医でスクールカウンセラーの著者は、提唱し続けてきました。

しかし、子どもたちをめぐる状況は一向によくならず、不登校や心身症、いじめや児童虐待はますます増加し、少年事件が続発しています。

どうすれば、すべての子が輝いて育つのか。
子どもの心のSOSに気づくには、どうすればいいのか。
親や先生、地域の人たちは、子どもに、どう接すればいいのか。

13年前に発売された36万部のベストセラー『輝ける子』をベースに、今の子どもをめぐるさまざまな問題を提示し、10歳までの子育てで大切なポイントを、オールカラーで分かりやすくまとめました。
平成27年10月刊行(1万年堂出版)
【画像】りんごちゃんと、おひさまの森のなかまたち2 りんごちゃんと、おひさまの森のなかまたち2
あいさつ、笑顔、親切、社会のルールなどがマンガで楽しく学べる、「よい習慣が身につく絵本」の第2巻です。
1巻には、ママやおばあちゃんから、
「わがままで、あいさつもできない気分屋の娘も、『あいさつって気持ちいいね』『人に親切しなくちゃね』と素直に受け入れられたのにはビックリ!」
「孫に読み聞かせたら、大きな声でおはようの返事が返ってくるようになりました」
と、たくさんの喜びの声が届いています。
平成27年3月刊行(1万年堂出版)
【画像】ひといちばい敏感な子 ひといちばい敏感な子

他の子と違うわが子に、「この子はおかしいのでは……」「自分の子育てが間違っているのでは?」と悩む親は少なくありません。
医者にかかればADHDと誤診されたり、学校では自閉症やアスペルガーと誤解されたりしてしまうこともあります。
本書は、多くの親が抱える子育ての悩みや疑問を、子どもの“敏感さ”という面から明らかにした、日本初のHSC解説本です。
平成27年2月刊行(1万年堂出版)

ページトップ