本当に大切なもの

前回の院長通信では、医療者が患者に対し、上から目線に
なりやすい理由の一つとして、与える立場にあるからだと
考察しました。与える立場にあると自分の方が偉いような
錯覚に陥るからです。

今回は二つ目の理由として、目に見えるもので優劣を判断
する思考回路について説明します。

私たちは、小さい頃から、競争の中で生きてきました。
「できる」か「できない」かという競争です。

 九九が言えるか言えないか
 50メートルを泳げるか泳げないか
 良い点数を取れるか取れないか

できる人が優れており、できない人が劣っているという
篩(ふるい)にかけられて生きているのです。

そんな基準に染まっていると、自分で自分のことができなく
なってしまった人、家族の顔も分からなくなってしまった人
を簡単に篩にかけてしまいます。

しかし、本当に大切なものは目に見えません。

 その人が社会にどれだけ貢献して来られたか
 その人がどれだけ懸命に生きて来られたか
 その人がどれだけ優しい心の持ち主か

目に見えない本当に大切なものを心で見れる人になりましょう。

まずは、目に見えるもので判断しようとする自分の篩を否定し、
その方の人生に関心を寄せることから始めましょう。

「患者がどんな病気にかかっているかよりも、その病気に
 かかっている患者がどんな人かを知る方がはるかに大切だ。」
                (ウイリアム・オスラー)