臨床倫理指針

私達は次の臨床倫理指針にもとづいて医療を行います。

1 医学的に適切でもっとも有益な治療を行うように努めます。

2 治療や検査を行う際、出来るだけ苦痛を与えないように、また合併症や副作用を可能な限り避けるように配慮します。

3 国籍、年齢、性別、社会的地位などにかかわらず公平な医療を行います。

4 患者の自己決定権を尊重し、十分な説明と同意にもとづいた医療を行います。

5 倫理上、判断が困難な場合、倫理委員会で検討します。

平成29年 2月 1日
真生会富山病院院長

ページトップ