看護部

理念・基本方針

医療法人真生会富山病院看護部は、病院理念を基盤として、地域社会の医療ニーズに応じた「患者の皆様を中心とした看護」をめざしております。

看護部の理念

私たちは、人命の重さを強く自覚し
常に患者の皆様の立場に立って、
患者の皆様の安全と、安心して頂ける看護に
誠心誠意努めます。

看護部の基本方針

1. 人格と権利を尊重した看護を提供します。

2. 的確な判断と技術に基づいて、「またお世話になりたい」と思われる看護を実践します。

3. 豊かな感性と人間性を養い、職業人として自己啓発していきます。

4. 心身ともに健やかで、いきいきと働ける職場づくりに努めます。

求められる看護職員像

看護への誇りと責任と希望を持ち続ける看護職員

看護への誇り
看護を行う自分自身に向かう態度
看護という仕事に誇りをもち、他者との信頼関係を築いて自ら愉しみながら働くことができる
看護への責任
看護を行う職業を選んだ責任と看護をし続ける責任を果たす
患者にとって最善の結果が生じるよう、ひとつひとつの判断・行為に誠実に最善を尽くすことができる
看護への希望
患者の希望の存在になる
人命の重さを強く自覚し、患者の希望を支える看護を実践できる

ページトップ