病気と治療

眼科の病気と症状

緑内障

緑内障ってどんな病気?

緑内障

緑内障は、目の圧力で視神経が傷つき、視野が狭くなっていく病気です。中途失明の原因の第1位です。

眼球の後ろにある視神経はとても繊細で、眼圧に耐えられないと押しつぶされて、傷ついてしまいます。残念ながら傷ついた視神経は元に戻りません。その結果、大事な視神経の数が減ってしまい、視野がだんだん欠けていきます。これが「緑内障」です。しかも、早期に発見、治療して病気を止めないと、ついには失明に至ります。実際、緑内障は失明の原因の第1位であり、油断のできない病気なのです。

40歳以上の20人に1人は緑内障

緑内障にかかっている人の年齢別比率
  • 原発解放隅角緑内障‥‥隅角と呼ばれる部分が広がっている緑内障で、眼圧が正常よりも高い
  • 正常眼圧緑内障‥‥眼圧が正常である緑内障
  • 高眼圧症‥‥眼圧が正常よりも高いが緑内障ではない

しかもほとんどが未治療。

以前は「40歳以上の30人に1人」といわれていた緑内障ですが、最新の調査によると、その数はもっと増えて「20人に1人」の割合であることがわかりました。しかも眼圧が高めの人だけでなく、正常域の人でも緑内障を発症している人が多いのが特徴です。そして問題は、これほどまでありふれている病気にもかかわらず、治療を受けている人がわずか1割程度ということです。残り9割の人は緑内障が未発見のまま放置されているのです。40歳を過ぎたら、定期的な検査を受けたいものです。

どうして眼圧が高くなるの?

房水の流れが悪いのが原因

そもそも眼圧は、どうやって一定に保たれているのでしょうか。
目の中には、房水といって、目の組織に酸素や栄養を与えたり、目の中のいらなくなった物質を運んだり、目の形を保つ働きをしている透明な流れる液体あります。この房水の流れが様々な理由で流れが流れにくくなると、行き場所のなくなった房水が目の中にたまり、眼圧が高くなります。高すぎる眼圧は緑内障を起こしやすくなりますので、緑内障には眼圧の検査が欠かせません。

房水の流れの説明図
緑内障の種類の図

眼圧だけではわからない視神経の障害

正常眼圧緑内障は眼底検査が重要

視神経が圧力に強いか弱いかには個人差があります。眼圧は正常範囲なのに緑内障を発症する正常眼圧緑内障は、視神経が圧力に弱くて正常な眼圧でも視神経を圧迫してしますためではないかと考えられています。このような緑内障は、眼圧の検査だけではわかりません。そのため、眼底検査で、視神経の状態をみる必要があるのです。

正常な視神経と緑内障の視神経の比較写真

緑内障の症状の進み方は?

長い時間をかけてゆっくり進行する

緑内障の中でも、患者さんに多いタイプの解放隅角緑内障は、10~15年という長い時間をかけて少しずつ進行していきます。そのため、初期の状態ではなかなか気づきません。というのも、人間は両目でものを見ているので、片方の視野に見えないところがあっても、もう片方がそれをおぎなってしまうのです。また多くの方は、非常に悪くなるまで頭痛や眼精疲労などの自覚症状がないため、発見が困難です。そこで、緑内障では定期的に視野検査を行い、視野の挟まり具合が進行していないかを調べることが重要になります。

緑内障の症状の進み方
  • 初期‥‥視野の一部に異常がありますが、視野の"はし"の方だったり、小さい範囲だったりして、気づかないことが多いようです。
  • 中期‥‥見えにくいところが出てきますが、人によっては自覚症状がない場合もあります。
    ちょうど老眼が疑われる年齢にさしかかっているため、発見が遅れがちです。
  • 後期‥‥視神経の40~50%が傷ついてくると、中心に近い部分にも見えないところが出てきます。
    内側(鼻側)から視野が狭くなり、文字の一部が欠けて見えたり、テレビで見えない部分が出てきたりします。

緑内障の薬物治療

点眼薬で眼圧を下げる

緑内障治療は、症状の進行を抑えることが目標です。そのためには、眼圧をできるだけ下げる治療が重要です。眼圧を下げる方法としては、点眼薬を用いる方法と手術がありますが、まず初めは点眼薬で眼圧を下げる治療を行うのが一般的です。効果がない場合は、内服薬を使うこともありますが、副作用が出やすいので長期間は使用しづらいです。

点眼薬の種類説明

緑内障の治療レーザー手術・外科的手術

薬で眼圧が下がらないときは外科的治療

薬だけで眼圧を充分に下げることができない場合には、レーザー手術や外科的手術で房水の流れを良くして、眼圧を下げます。しかし、手術を行ったからといって、視野が回復するわけではありません。あくまでも緑内障を進行させないための方法です。

レーザー手術

房水の排水口である、網の目状の繊維柱体にレーザー光を当てて、 目づまりを減らします。この治療は入院しなくても行えますが、充分な治療効果が出る場合と出ない場合があります。また手術後眼圧が下がっても、だんだんその効果がなくなってくることもあります。

外科的手術

目づまりを起こした房水の排水口を部分的に取り除いたり、切り込みを入れたりして、房水の流れを良くする方法です。1~2週間の入院が必要です。

緑内障の手術前と後の説明図

トラベクトーム手術

新しい緑内障手術方法

トラベクトーム手術は線維柱帯切開術のひとつで、手術機器のTrabectome®は2010年9月に厚生労働省の認可を受けた以来、国内で急速に普及しています。

房水の流出機能を回復

トラベクトーム手術は、ハンドピースを1.7mmの角膜切開からの小さな孔から入れ、電気メスで線維柱帯の一部を切開・除去することにより、房水の流出路を再建する手術です。

低侵襲・術後合併症の軽減

従来の同程度の眼圧下降を目的としたトラベクロトミー手術と比較し、結膜や強膜に侵襲を加える必要のないこと、再手術が何度も可能なこと、術後の一過性の眼圧上昇や見えにくさが起こりにくいなど、多くの利点を持っています。

安定した眼圧下降効果

この手術は眼圧を15mmHg前後の眼圧が得ることを目的とした手術です。海外では術後長期にわたり、予想どおりの安定した眼圧を得ていること、手術前に比較し眼圧下降点眼薬の減量などが報告されています。

手術機器の写真
手術の3D説明図
ページトップ