病気と治療

専門外来

小児近視外来

近視の進行抑制効果のある点眼薬「マイオピン」

【マイオピン点眼薬で近視の進行を抑える】

当院では、低濃度アトロピン(マイオピン)点眼を一日一回点眼することによって、近視の進行を抑制する治療を行っております。
マイオピンとは、学童の近視の進行を抑制することを目的にアトロピンを低濃度(0.01%、0.025%)配合させた点眼薬です。
Singapore National Eye Centre(SNEC:シンガポール国立眼科センター)の研究に基づいて開発されました。(Ophthaimology 2012;119(2):347-54)

【近視の進行を抑制するには】

近視とは、遠くがぼやけて、近くがよく見える目です。近視の多くは、眼軸長(眼球の長さ)が伸びることで、ピントの合う位置が網膜からずれて生じます。
眼軸長は、生後は短く、成長とともに徐々に伸びていきます。それに伴い、生後はみな遠視(遠くも近くもぼやける目)ですが、徐々に正視(遠くがよく見える目)に近づき、それ以上に眼軸長が伸びると、近視となっていきます。
眼軸長には遺伝、生活習慣ともに影響しますが、一度伸びた眼軸長は、戻ることはありません。そこで、眼軸長の伸びを抑えることが、近視の進行を抑制するために重要なポイントとなります。
マイオピン点眼は、眼軸長の伸長を抑制する効果があります。

ピントの合う位置

【マイオピンの特徴】

マイオピン点眼薬
  1. 副作用が少ない近視進行抑制点眼薬です
  2. 対象は6~12才の近視を有するお子さんです
  3. 0.01%マイオピンは眼軸長の伸展を、2年間で0.14mm抑制したと報告されています。(ATOM-J)
    0.025%マイオピンはまだ日本での使用数は少ないですが、0.01%マイオピンよりも効果は強いといわれています
  4. まぶしさに影響を及ぼすことがあります
  5. 目の遠近調節機能(手元を見る作業)に殆ど影響を与えません
  6. 近目視力の低下に殆ど影響を与えません
  7. 毎日、就寝前に1滴点眼します
  8. 目薬1本(5ml)は両眼用に1か月間使用可能です
  9. 本製品はGMP(医薬品製造管理および品質管理基準)準拠の薬品会社により製造されています

【費用】

治療費用(検査・診察・薬剤費用)
  0.01%マイオピン 0.025%マイオピン
初回治療費用 マイオピン1本 + 検査・診察 6,000円 6,500円
1か月後の治療費用 マイオピン2本 + 検査・診察 8,000円 9,000円
3か月ごとの治療費用 マイオピン3本 + 検査・診察 10,000円 11,500円

マイオピンの治療は自由診療です。健康保険や医療費助成制度は適応されません。

※3回目の治療以降は、3か月ごとの定期的な通院が必要です。

【Q&A】

マイオピンの副作用はありますか?
7~8時間まぶしさとぼやけを感じることがありますが、就寝前に点眼すれば、朝には元に戻ります。
近視が戻る事は、ないでしょうか?
最近の研究では、0.01%マイオピンは2年以上点眼しなくても効果は維持できています。0.025%マイオピンはまだ分かっていないこともあります。一般的に濃度が濃いほど効果も強いですが、戻りもでてきます。
全身への影響はありますか?
ありません。
効果がない方もおられますか?
効果がない場合もありますが(約25~40%)、効果の有無を確認するためにもまずは6か月は続けられることをお勧めします。
ページトップ