病気と治療

専門外来

神経眼科

医療従事者の方へ

週に2回、京都大学医学部眼科臨床教授の松井淑江先生が非常勤として来られ、神経眼科疾患も対応しております。疾患の診断や、ステロイドパルスや血漿交換を用いた治療まで行っています。
急性の斜視、複視、眼瞼下垂、視神経疾患が疑われる方など、診断に苦慮する症例がありましたらご紹介ください。

一般の方へ

目の病気といえば、眼球の病気、と思いがちです。しかし、脳や神経の異常により、目の症状が現れることもあります。
「物が二重に見える」「急にまぶたが下がった」「急に両目が見えなくなった」など、眼球だけでは説明できない目の症状に対して、眼科的検査や頭の検査、全身検査などを組み合わせて診断を進めていく分野が、神経眼科です。

眼科は通常、医師が目で直接確認できる病気を対象としているのに対して、神経眼科は、直接目では見えないところの病気を扱う為、内科のような考え方、知識が必要となります。また、検査、治療に関しても内科、神経内科、脳神経外科などの他科との連携が必要です。

当科では、視力や視野検査などの眼科機器はもちろん、MRIやCTの全身検索機器もあり、総合病院であるため、他科との連携もスムーズに行っています。
脳神経外科だけは残念ながら当院にはありませんので、脳の手術が必要となった場合は、他院へ紹介しています。

また治療に関しても、点滴治療や透析治療が必要となるものもあり、他科との連携により、さまざまな神経眼科疾患に対応可能です。

急ぐべき症状

通常目の病気は、診断が遅くなっても、失明することはあっても命に関わることはありません。
しかし神経眼科の病気は、命に関わる病気が隠れていることもあり、特に下記のような症状が出た場合は、早急に眼科を受診するようにしてください。

  • 生まれたときは大丈夫だったが、大人になってからものが二重に見えるようになった。特に突然ものが二重に見えるようになった場合。
  • 両目の視野が突然見えにくくなった。
ページトップ