当院について

戻る

2018年4月20日(金)

第1回地域連携懇話会を開催しました

【画像】第1回地域連携懇話会を開催しました

平成30年(2018年)4月7日(土)第一イン新湊にて第1回地域連携懇話会を開催しました。

大連医科大学大学院眼科学教授の谷照斌(グ・ザオビン)教授をお招きし、当院アイセンター長の舘医師とのダブル講演会が行われました。

近隣クリニックの先生や医療関係者が多く参加してくださり、大変盛会でした。

当院地域医療部部長で副院長の豊田茂郎医師(内科)に今回の懇話会について話を聞きました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
初めての試みでしたが、多くの方にご参加いただき、
活発な意見交換ができたと思います。
これからも、地域の医療関係者の皆様と力を合わせて、
よりよい地域包括ケアシステム構築を目指して、頑張っていきたいと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の懇話会をきっかけに、当院と近隣医療施設との関係が強化され、よりよい地域包括ケアシステムの構築が話し合われていくものと考えられます。

【画像】司会を務めた豊田医師
司会を務めた豊田医師

【画像】真鍋院長の開会挨拶
真鍋院長の開会挨拶


【画像】射水市医師会長の木田和典先生から挨拶を頂戴しました。挨拶(要約)公益性が高い病院かどうかは、その病院の志と実績であると思います。射水市医師会は公益社団法人として地域の皆さんに寄り添い、全員がかかりつけ医であり、学校医であろうという志を持っています。同じ志を持っている者同士であれば健全な連携ができるはずであると考えています。
射水市医師会長の木田和典先生から挨拶を頂戴しました。

挨拶(要約)
公益性が高い病院かどうかは、その病院の志と実績であると思います。
射水市医師会は公益社団法人として地域の皆さんに寄り添い、全員がかかりつけ医であり、学校医であろうという志を持っています。同じ志を持っている者同士であれば健全な連携ができるはずであると考えています。

【画像】舘センター長の講演会時に司会を務めた平谷医師
舘センター長の講演会時に司会を務めた平谷医師


【画像】糖尿病網膜症微細構造に観る血糖コントロールの重要性~内科と眼科の連携による合併症予防~と題して講演したアイセンター長の舘医師
糖尿病網膜症微細構造に観る血糖コントロールの重要性~内科と眼科の連携による合併症予防~
と題して講演したアイセンター長の舘医師

【画像】中国大連の糖尿病事情と題して講演された谷照斌(グ・ザオビン)教授
中国大連の糖尿病事情と題して講演された谷照斌(グ・ザオビン)教授


【画像】

ページトップ