外来診療を受ける方へ

診療科のご案内 外科

戻る

対応分野・医療機器のご紹介

足の付け根が腫れている・痛いと思ったら ?脱腸かも?

こんな症状はありませんか?

鼠径(そけい)ヘルニア

立ったとき、あるいは重いものを持った時にふとももや足の付け根に違和感や痛みを感じることはありませんか?ひょっとするとそれは「鼠径(そけい)ヘルニア」かもしれません。「脱腸」とも呼ばれていて子供の病気と考えられていますが、成人にも多く見られる病気です。

筋肉などの組織が加齢により弱くなったり、重いものを持つ仕事や畑仕事、便秘や前立腺肥大症でお腹に力をいれることが多いと圧力によりお腹の中の臓器の一部が皮膚の下に飛び出してきます。そのため足の付け根に柔らかい腫れができますが、普段は寝たり押したりすると腫れは引っ込みます。

初期症状は軽度であるため放置されることが多いのですが、経過に伴って腫れが増大し痛みが強くなります。腫れが急に硬くなったり押さえても引っ込まなくなる場合があり、お腹が痛くなり吐き気・嘔吐を伴うことがあります。これを鼠径ヘルニアの嵌頓(カントン)といい、緊急に治療をしなければ命にかかわる危険性があります。

鼠径(そけい)ヘルニアの治療

鼠径(そけい)ヘルニアの治療

薬や腹筋では鼠径ヘルニアはまったく改善せず、手術以外に治療法はありません。最近では痛みも少なく短期入院で済む治療法があり、急激に痛くなることがあれば積極的に治療したほうが良い病気です。

当院では腹腔鏡というカメラを用いて小さなキズで行う低侵襲手術を積極的に行っており、気になる方はお気軽にお尋ねください。



ページトップ