外来診療を受ける方へ

診療科のご案内 消化器センター(消化器内科・内視鏡室)

戻る

対応分野・医療機器のご紹介

消化器センターとは

食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・肝臓・胆のう・膵臓など
腹部の病気を担当しています。

こんな方は受診してください

胸やけ、胃もたれ、吐き気、胃痛、腹痛、便秘、下痢などでお困りの方、検診で肝機能異常を指摘された方、胃検診や大腸がん検診で異常を指摘された方、胃腸、肝臓、胆のう、膵臓などの検査を希望の方は、当科を受診してください。

苦痛のない内視鏡検査を心がけています

消化器センター

胃内視鏡検査は、二度と受けたくないという方のために、鎮静剤を使い、苦痛の少ない検査に努めています。
最新の高画質細径スコープを用いての、経鼻内視鏡検査も行っています。のど麻酔が不要で、つらいのど刺激がなく、楽に検査を受けることができます。
(鎮静剤の注射は、診察医の許可のない方、高齢の方、当日検査後の自動車・バイク・自転車等の運転をされる方には行いません。鎮静剤を希望される方は、受診時に医師と相談してください。)

ピロリ菌の除菌療法をしています

消化器センター

ピロリ菌の胃への感染が、胃炎や胃・十二指腸潰瘍や胃がんの発生や再発に関与しています。
当院では、胃炎や胃潰瘍や十二指腸潰瘍の方にピロリ菌の検査を行い、ピロリ菌陽性の場合には除菌療法をおすすめし、胃・十二指腸潰瘍や胃がんの予防に努めています。

内視鏡治療を行っています

早期胃がんならびに胃ポリープにおける内視鏡的切除術、早期大腸がんならびに大腸ポリープの内視鏡的切除術、総胆管結石における内視鏡的ドレナージ・砕石・排石治療、膵・胆道系疾患による閉塞性黄疸に対する内視鏡的治療、食道静脈瘤に対する静脈瘤結紮術(じょうみゃくりゅうけっさつじゅつ)、経口摂取困難な方への胃瘻造設術、がんによる消化管閉塞に対する消化管ステント留置術などを行っています。

カプセル内視鏡を導入しました

消化器センター

小腸カプセル内視鏡は、従来のスコープを使った内視鏡では届かなかった小腸を見るために開発された検査です。
長さ2.6cm、幅1.1cmのカプセルを飲むことでほとんど苦痛なく全小腸を観察することができます。

同時に大腸カプセル内視鏡も導入しました。
大腸内視鏡検査が必要な方で、以前の内視鏡で全大腸を観察できなかった、もしくは腹部手術歴があり癒着が想定される場合に保険適応となります。

お気軽にご相談ください。


肝炎や肝臓がんの検査治療を行っています

消化器センター

肝臓専門医3名が常勤しており、経口抗ウイルス剤によるC型肝炎、B型肝炎の治療を行っています。
また、肝臓がんの早期診断として超音波検査(造影エコーを含む)、ヘリカルCT、MRI、肝生検、血管造影などを行っています。
肝臓がんの治療には、経皮的ラジオ波焼灼術(RFA)や肝動脈化学塞栓術(TACE)、肝切除術(当院肝臓外科医による)を行っています。


24時間救急診療・在宅診療体制をとっています

消化器センター医は24時間オンコール体制をとり、吐血、下血、腹痛、黄疸などの救急疾患に対して、緊急内視鏡による止血術や内視鏡的減黄術などの治療のほか、外科医と連携し、消化器疾患の救急診療に当たっています。
また、在宅診療では経腸栄養、消化器がんの終末期医療など、訪問看護師と協力して診療に当たっています。

外科と協力体制をとっています

外科とは週2回、合同の検討会(術前・術後カンファレンス)を持ち、常に連携して、診断から治療までの期間短縮に努めています。

内視鏡・手術件数

内視鏡・手術件数 令和1年 (2019年)

表の全体がご覧いただけない場合は横スクロールでご覧ください。

検査内容 内訳件数
上部消化管内視鏡治療80件4717
下部消化管内視鏡治療413件1377
内視鏡的膵胆管造影治療32件46
カプセル内視鏡14
手術内容件数
経皮経肝胆管ドレナージ術等7
早期胃がんに対する粘膜下層剥離術14
消化管ステント術23
肝がんに対する肝動脈化学塞栓術11
肝がんに対するラジオ波焼灼療法5

(但)内視鏡検査と重複する手術件数は合計から除いています

ページトップ