外来診療のご案内

医師紹介

一覧

整形外科

駒井 理(こまい おさむ)

経歴

滋賀医科大学卒 滋賀医科大学 整形外科

役職

院長顧問

専門・得意分野

手の外科、末梢神経の損傷、膝の外傷、小児整形、先天性股関節脱臼、股関節臼蓋形成不全、先天性内反足、ペルテス病

論文
2016 「腱板関節面不全断裂に対し、経腱板的suture bridge法を用いた治療成績の検討 -第2報―」
肩関節 ;40 (2016) No.2 p. 623-626
太田 悟,駒井 理
2015 「高齢者の陳旧性肩関節後方脱臼に対する鏡視下手術の経験」
肩関節 ;39 (2015) No.2 p. 562-565
太田 悟,駒井 理
2014 「高齢者の反復性肩関節脱臼に対する鏡視下手術の治療経験」
肩関節 ;Vol. 38 (2014) No. 3 p. 827-830
太田 悟,駒井 理
学会発表
2016/10/22 「Post-operative results of arthroscopic rotator cuff repair in diabetic patients」
第43回 日本肩関節学会
太田 悟,駒井 理
2015/10/9 「PASTA病変に対する鏡視下経腱板的縫合法の検討」
第42回日本肩関節学会
太田 悟,駒井 理
2015/7/26 「五十肩と診断されたが、鏡視下手術に至った症例の検討」
第44回北陸リウマチ・関節研究会
太田 悟,駒井 理

ページトップ