外国人患者受入れ医療機関認証制度(JMIP)

JMIPロゴ

外国人患者受入れ医療機関認証制度(JMIP)とは、外国人患者の円滑な受入れを推進する国の事業の一環として厚生労働省が平成23年度 (2011年度) に実施した「外国人患者受入れ医療機関認証制度整備のための支援事業」を基盤に策定されました。

平成30年 (2018年) 7月11日、医療法人真生会 真生会富山病院は富山県内の医療機関では第一号として、外国人患者受入れ医療機関認証制度(JMIP)を取得しました。外国人患者さんにも安心と満足の医療をお届けできるよう、体制を整えております。

主な体制 ※平成31年 (2019年) 4月現在

通訳形態対応言語利用可能な時間
電話医療通訳英語、中国語、韓国語、ベトナム語、ポルトガル語、スペイン語、ロシア語、タイ語

※以下の言語は事前予約が必要です。
ヒンディー語、フランス語、モンゴル語、タガログ語、ネパール語、インドネシア語、ペルシャ語、ミャンマー語、広東語

毎日
8:30~24:00
インターネット
電話医療通訳
ビデオ通訳英語、中国語平日
8:30~18:30
機械翻訳英語、中国語、韓国語、ベトナム語、ポルトガル語、スペイン語、ロシア語、タイ語いつでも
医療通訳スタッフ
(英語1級)
英語月・水・金
10:45~19:30

8:00~12:00
医療通訳スタッフ
(中国語1級)
中国語月~金
8:30~17:15

中国語医療通訳

英語医療通訳

認証書[PDF:320KB]

この認証制度は一般財団法人日本医療教育財団が運用機関となっており、日本国内の医療機関に対し、多言語による診療案内や、異文化・宗教に配慮した対応など、外国人患者の受入れに資する体制を第三者的に評価することを通じて、国内の医療機関を受診するすべての外国人に、安心・安全な医療サービスを提供できる体制づくりを支援します。

一般財団法人 日本医療教育財団サイト http://jmip.jme.or.jp/

ページトップ