医療法人真生会 真生会富山病院 アイセンター(眼科)
文字サイズ 小中大
医療法人真生会 真生会富山病院 アイセンター
アイセンター紹介 診療案内 医師紹介 手術件数・実績 医療機器紹介	求人案内
糖尿病網膜症について
緑内障について
加齢黄斑変性症について
多焦点眼内レンズ
屈折矯正手術のご案内
ICL iLASIK
糖尿病眼検診
症状Q&A


真生会富山病院TOP
診療案内

診療時間・担当
※1 舘医師の外来診療:(火)・(土)、植田医師の(水)午前は紹介状持参、セカンドオピニオン希望、予約の方を主に診察しております。
※2 病棟診察終了後に外来診療の予定です。
※3 土田医師は第1、第3、第5の午前に、増田医師は第2、第4の午前に外来診察です。
※4 手術後に外来診療になる場合があります。お問い合わせください。
※専門外来については専門外来(予約制)をご覧ください。
 
午前 橋本 舘 ※1 橋本 橋本 橋本 舘 ※1
植田 谷村 植田 ※1 植田 ※4 鈴木 ※2 橋本
谷村 鈴木 谷村 ※2 谷村 ※2 永江 植田 ※2
鈴木 ※2 芳村 鈴木 鈴木 芳村 谷村
芳村 岩口 芳村 芳村 岩口 永江
松井 非常勤 岩口 岩口 山本 岩口
土田 ※3
増田 ※3
非常勤
             
 

(14:00〜)
土田
      
 
夕方
(17:00〜)
橋本 休診 舘(専門外来) 休診 植田 休診
植田 橋本 鈴木
谷村 谷村 永江
鈴木 松井
(令和2年4月1日より)
○午前、「コンタクトレンズ、めがね」あわせに来院される場合は午前11時までに、
 夕方に来院される場合は午後6時30分までに受付をお願いいたします。
○受付順にお呼びしていますが、必要な検査に応じて診察の順番が前後することがあります。
○初診の方はあらかじめ基本的な検査をさせていただきます。
○健診の方は、簡単な検査でたくさんの科をまわりますので、通常の方とは順番が異なっています。
○現在、飲んでおられる薬、使っている点眼薬がありましたら、受付の際にお申し出ください。
 なお、ご不明なことがございましたら、お気軽にご相談ください。

都合により、外来は変更になることがあります。
診察医の希望のある方は、事前にお電話にてご確認ください。



専門外来のご案内

緑内障、涙道、角膜、網膜硝子体、ぶどう膜、神経眼科、ロービジョンの専門外来があります。

>>眼科専門外来についてはこちらをご覧ください

お問い合わせは下記までお願いします(診療時間外は、不在にする場合があります)
TEL.0766-52-6979(アイセンター直通) 受付時間:(月)〜(金)9:00〜17時
FAX.0766-52-6059
TEL.0766-52-2156(代表)



ロービジョン外来のご案内

新聞が読めない、眼鏡や拡大鏡が合わないなど、見えにくくてお困りのことはありませんか? 目にあった補助具(拡大鏡など)を使えば、読み書きできる場合があります。
また特殊な眼鏡を装用すればまぶしさを減らすこともできます。 随時、相談を受け付けています。ロービジョン外来では患者さんの「見たい」という気持ちを応援します。

ロービジョン外来(予約制)
○毎週:水曜日のみ 9:00〜/10:30〜
○担当:永森(視能訓練士)
○お問い合わせは専門外来と同じです。
※ロービジョン外来受診の前に、初診再診に関わらず通常の診療時間内に視力や視野などの眼科検査を行い、医師の診察を受けていただきます。





糖尿病眼検診のご案内

糖尿病網膜症は成人失明原因の上位をしめる病気です。失明とは、どんな強い度のメガネをかけても見えない目になることです。一方、近年の診断と治療の進歩により、生涯よい視力を維持することは可能になっています。内科の治療を続けるとともに、視力のよいうちから眼科検診を受けて、網膜症を管理することが大切です。
待ち時間を極力短く、検査の負担を少なくするよう糖尿病検診を行う検査枠を設けました。電話で予約して、健康保険証と、お持ちであれば内科糖尿病手帳、糖尿病眼手帳をお持ちになって受診してください。詳しくは糖尿病眼検診をご覧ください。糖尿病眼手帳には、糖尿病網膜症についてくわしく載っています。アイセンター受付にて無料でおわたししています。

糖尿病Q&A よくあるご質問
Q 検診で糖尿病の疑いといわれました。眼をみれば糖尿病がわかると聞いたので眼科にかかればいいのですか?
  A 糖尿病になって、網膜症があらわれるまでには少なくとも7〜8年かかるといわれています。まず内科を受診して、血液検査などを受けて糖尿病かどうか調べてもらいましょう。逆に、糖尿病網膜症があれば糖尿病がおこってからすでに何年もたっていることがわかります。

Q 目はよく見えているのに、眼科受診が必要なのですか?
  A 糖尿病網膜症は相当進んでいても無症状なことが多いのです。そして見えにくいなどの症状が出てから治療をはじめても、もとどおりの視力にはならなかったり、どんな度の強いメガネをかけても見えにくいという状態になることがあります。そこで症状が出る前に検診を受けることが大切なのです。

Q 運転免許更新のときに視力検査を受けるからそれでいいのでないですか?
  A 運転免許更新は、確かに大切なチェックです。けれども、運転免許は両眼あわせての視力が基準を満たしていれば合格となりますので、片眼の視力が下がっている場合、見逃されてしまいます。

Q 検査を受けるときには運転できなくなるのですか?
  A 糖尿病眼検診システムでは、最新の超広角走査レーザー検眼鏡により瞳孔を開かずに眼底検査ができます。ご病状に合わせ必要に応じ、瞳孔を目薬で開いて行う検査を計画します。その場合は数時間まぶしく目の焦点があわなくなり、運転は難しくなります。まず、一度検診を受けてください。

Q 真生会富山病院アイセンターで糖尿病眼検診を受けた結果はどのようにわかるのですか?
  A 受診された日に糖尿病眼手帳に結果を記載しておわたしします。次回からこの手帳を持参されれば続けて書いていきます。ご自身で記録を確認でき、内科の先生にもご覧いただけます。

医療法人 真生会富山病院 〒939-0243 富山県射水市下若89-10
TEL:代表 0766-52-2156
2002- 医療法人真生会 真生会富山病院