お知らせ

病院からのお知らせ

戻る

病院からのお知らせ【メディア】2021年9月25日(土)

アイセンター長の植田芳樹医師が富山テレビ「ライブBBT」の取材を受けました

【画像】アイセンター長の植田芳樹医師が富山テレビ「ライブBBT」の取材を受けました

令和3年9月23日木曜日
富山テレビ「ライブBBT」の取材をアイセンター長の植田芳樹医師が受けました。

■植田芳樹医師の紹介
https://www.shinseikai.jp/doctor/doctor0026.html


コロナ禍になって1年半、家で過ごす時間が増える中、年代を問わず眼の疲れを訴える人が増えている。

・眼の疲れ
・ドライアイ
・夜にスマホをタブレットを使うことによる睡眠障害

中でも特に注意が必要なのは子どもの眼の疲れ。

子どもは眼の力が強く疲れを感じずに長時間見てしまう。子ども時代に近い距離で熱心にものを見ることで眼の発達に影響が出る心配もある。

幼い時期の眼の負担=将来的に近視や斜視になる危険性もある。

眼の健康を維持するためには

・画面から30cm以上顔を離す
・画面を20分見たら20フィート(約6m)先を20秒見る(20ルール)

も有効的とアドバイス。

これほどスマホやタブレットを子ども達が見るということは人類史上無かったことで今の子ども達がどうなるかで危険性は明らかになりますが良い方向には行かないと思うので子どもほど注意が必要だと答えました。

【画像】

ページトップ