外来診療を受ける方へ

診療科のご案内 耳鼻咽喉科

戻る

対応分野・医療機器のご紹介

睡眠時無呼吸症候群とは

原因

肥満、軟口蓋の肥大、扁桃肥大、小顎症など

症状

いびき、起床時の頭痛、高血圧症、日中の眠気、不整脈など

検査方法

睡眠検査で無呼吸の回数、長さ、いびきの大きさ、血液中の酸素濃度を測定します。検査は自宅でできます。

治療方法

<生活習慣の改善>
減量が一番です。

<手術>
外来でできるいびきの手術(軟口蓋形成術)
扁桃摘出手術は入院が必要です。

<CPAP療法:経鼻的持続陽圧呼吸法>
自宅での簡易型補助呼吸装置です。

<口腔内装具(マウスピース)>
透明な厚さ1~2ミリのアクリル板製のマウスピースを口に入れてお休みになる方法です。この装置を入れることで、のどの空気の通り道がひろがって、いびきや無呼吸が楽になります。



ページトップ