外来診療を受ける方へ

診療科のご案内 耳鼻咽喉科

戻る

対応分野・医療機器のご紹介

耳の治療

難聴耳鳴り、めまいを治療します。
まず、しっかりと原因を調べ、原因に応じて、薬や手術を選択して治療します。
耳鳴り難聴に対する薬物治療の研究では、論文「急性低音障害型感音難聴の治療薬剤について(真鍋医師)」が日本耳鼻咽喉科臨床学会の平成17年 (2005年) 最優秀賞を受賞しました。
治りにくいめまいには手術治療も積極的に行っています。メニエール病に対しては内リンパ嚢開放術(手術)やゲンタシン鼓室注入術を行っています。

急性中耳炎の紹介

滲出性(しんしゅつせい)中耳炎の紹介

耳管の病気

鼻の治療

耳鼻咽喉科

アレルギー性鼻炎や花粉症にはまず内服治療を行いますが、慢性的な症状の方には体質改善のための舌下免疫療法をお勧めします。それでも症状が取れにくい時は、外来での高周波電気凝固療法や入院で行うアレルギー神経の切断手術を行います。
鼻の手術は、いずれも内視鏡を使って鼻の中から行います。鼻中隔矯正術、鼻甲介切除術、後鼻神経切除術、副鼻腔炎手術は慢性の鼻づまりに高い効果があります。

舌下免疫療法の紹介

のどの治療

耳鼻咽喉科

いびきや日中の眠気でお困りの方に、外来で15分でできる手術を行ったり、睡眠時無呼吸症の治療を行っています。
『プリマドンナの声帯』(朝日新聞社刊)の著者で歌手の発声治療第一人者である米山文明先生が設立された「呼吸と発声研究所」と呼吸や発声の研究も行っています。

スリープスプリントの紹介


五感の重要性

生活を豊かにする「五感」

五感とは、視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚をいい、私たちが毎日の生活を楽しむうえで、とても大切なものです。普段の何気ない食事でも、五感の活躍で楽しく食べることができます。まず、きれいに盛り付けられた食材を見て楽しみ、漂ってくる香りを嗅いで「早く食べたいな」とワクワクします。いざ口に入れ、歯で噛んだときの音や食感を楽しみ、次いで口に広がる味で美味しい!と感じ、とても幸せな気分になれます。

これがどうでしょう。「胃の中に入れたら栄養は同じだよ」と言って、無味・無臭・無色の物体を食べようと思うでしょうか。一口食べても、もう一口食べようとは思いませんね。

食事だけではありません。あなたにとって大切な趣味も、五感がなければ楽しむことができないものはたくさんあるでしょう。生活を豊かにするうえで、五感はとても大切なものだとわかります。

若々しい脳を保つために

健康寿命を延ばそうと盛んに言われていますが、体が元気でさえあれば良いのではありません。五感をみずみずしく保つことは豊かな生活を送るためだけでなく、若々しい脳を保つうえでも、とても大切です。物を見るときは目、音を聞くときは耳など、何かをしようとするときは五感を意識して働かせています。しかし、意識していないときにも五感を司る体の器官と脳とは、盛んに情報をやり取りし、私達が安全な日常生活を送れるように働いてくれています。

喫茶店でくつろいでコーヒーを飲んでいるとしましょう。あなたがくつろいでいられるのは、「このコーヒーはいつもと違うな」と味覚が働いているだけでなく、あなたの身に危険な音、匂い、物体、環境がないことを、五感が休みなく働いて、「ここは安全だよ」という情報をずっと脳に送り続けてくれているからなのです。五感が衰えた人生は、想像するだけでも、とても味気ないですが、五感が衰えると脳は情報のシャワーが途絶え、一気に活動が低下してしまいます。難聴の人が認知症になる確率が高いのは、その一例です。

難聴は年齢のせい?

「五感を若く保つと言っても、歳をとると誰でも耳は遠くなるし、歳には逆らえないよ。老人性難聴って言われるでしょ」という声が聞こえて来そうですね。じつは、そうではないのです。ある研究によると、難聴と関係があるのは、動脈硬化と騒音暴露歴だけで、難聴と年齢とは直接の関係はないことが判明したのです。

つまり、歳をとると動脈硬化が進行する人が多いため、高齢者に難聴が多いだけで、高齢でも動脈硬化のない人は難聴もなく、若い人と同じ聴力を保っています。つまり、老人性難聴は、動脈硬化にならないようにすれば予防できるということです。聴力以外でも、嗅覚、味覚が訓練で鍛えられることが証明されています。

40歳から始めましょう

皆さん、ご自身の努力で五感を若く保つことができます。できれば、その努力のスタートは40歳から始めましょう。もちろん、70歳、80歳を超えても、努力は必ず良い成果となって現れます。それには、自分の五感の状態を知ることから。ご自身の五感機能の状況をぜひ把握していただければと思います。

五感を大事にしよう 眼科編

五感を大事にしよう 耳鼻咽喉科編

その他の治療

顔面神経麻痺の治療について



手術件数

手術件数 令和1年 (2019年)

表の全体がご覧いただけない場合は横スクロールでご覧ください。

手術内容 内訳 件数
耳領域(計98件)鼓膜形成術16
鼓室形成手術(耳小骨温存術)22
鼓室形成手術(耳小骨再建術)20
乳突削開術25
乳突充填術2
アブミ骨摘出術2
アブミ骨可動化手術1
外耳道形成手術2
外耳道腫瘍摘出術1
先天性耳瘻管摘出術2
上鼓室開放術1
内耳窓閉鎖術1
顔面神経管開放術3
鼻副鼻腔領域(計154件)内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術)53
内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型
(選択的(複数洞)副鼻腔手術)
11
内視鏡下鼻・副鼻腔手術2型(副鼻腔単洞手術)6
内視鏡下鼻中隔手術1型(骨、軟骨手術)40
内視鏡下鼻腔手術1型(下鼻甲介手術)18
経鼻腔的翼突管神経切除術11
鼻骨骨折徒手整復術12
鼻骨変形治癒骨折矯正術1
変形外鼻手術1
眼窩骨折観血的手術(眼窩ブローアウト骨折手術を含む)1
咽喉頭頸部領域(計55件)口蓋扁桃手術(摘出)17
軟口蓋形成手術7
アデノイド切除術5
喉頭ポリープ切除術(直達喉頭鏡)4
気管切開術3
唾石摘出術(表在性)3
唾石摘出術(腺体内に存在)2
顎下腺摘出術2
甲状腺悪性腫瘍手術(切除)2
甲状腺部分切除術、甲状腺腫摘出術(片葉のみ)2
耳下腺腫瘍摘出術(耳下腺浅葉摘出術)2
喉頭腫瘍摘出術(直達鏡)1
深頸部膿瘍切開術2
リンパ節摘出術(長径3cm未満)1
嚥下機能手術(喉頭気管分離術)1
頬粘膜腫瘍摘出術1
合計307

ページトップ